fbpx
無料メルマガ会員登録はこちら!

「文を書くことが好き!」ライターとして生きる大学生への道のり

「ライター」という職種に興味を持ったことはありますか?私は普段、ライターとしての収入をメインに生活しています。文章を書くことが好きな人はもちろん、これから挑戦してみたいなと思っている方にぜひ読んでいただきたいなと思って、私のライターとしての経験談や個人ブログを一人で立ち上げるまでの経緯や苦悩をこの場で綴ります。

自分には何ができるかな?書くことが好き

大学生活にも慣れ始めた大学1年生の後半。大学の授業だけでなく、もっと幅広く活動がしたいと思うように。就活のことも考えて、インターンシップに応募してみようかなと思ったときに、色々と調べていると「Wantedly」でインターン探しなどができると知りました。

Wantedlyには膨大な数の募集があって、それをさばいていくためには、自分が何のスキルを磨きたいのかを選択する必要があります。

私は、小さいころから文章やイラストを書くことが好きでした。大学でも趣味程度に読書感想文を書くプロジェクトに所属していたり。そんなこともあって、読書ライターの募集に応募してみることにしました。

初めての大学外での応募にドキドキしたのを覚えています。結局、配属されたのは読書ではなく、学生団体のメンバーとして女子大生の情報を発信するメディアの記事を書くことだったのですが、その時の行動が無かったら今の私はいないと思います。

一番最初の行動って本当に緊張しますよね。たまに大学1年生の方から相談を受けることがありますが、行動に移すのに時間がかかってしまうみたいです。でも、失敗しても早めに行動すればやり直しができます。時間は有限。悩んでる時間がもったいない!

文章やイラストを書く

団体のメディアで鍛錬!

大学2年の夏から、晴れて学生団体のメディアの執筆を始めることに。女性大生の情報、つまり私の身の周りの物や流行している情報を社会人の方に向けて発信するという内容の記事でした。

軽く添削などをしていただきながら、最初は「質よりも量」をこなして自分の腕を磨こうと頑張りました。毎日、隙間時間をすべて執筆の時間に充てているイメージです。そして、負けず嫌いな性格も相まって、その勢いで半年ほどで書いた本数は200本近くにのぼったと思います。最初は下手でも良いからとにかく量をこなしながら、書き進めてみる。すると、段々書くスピードも早まってきて、コツが掴めるようになると思います。

さらに、得られるメリットは大学の課題やレポートなども手際よくこなすことができること。ライターとして活動を始めてから、タイピングのスピードがグンと早まり、長文のレポートも苦戦することなく手短に終わらせることができるようになりました。

執筆

ライターとして本格的に修行

学生団体の活動と並行して始めたTwitterでも、本領発揮!しかしTwitterは140字という短い字数制限の中で伝えたいことを端的に伝えなければなりません。ライターの修行だと思って、毎日欠かさずに更新していました。もし、ライターとしての活動ができなくても、代わりにTwitterで書くスキルは身に着けられるかも。

その後、縁があってブランディング会社の長期インターンとしてスカウトされ、オウンドメディアの立ち上げから記事の執筆、メディアの管理などの経験をさせていただきました。0からのオウンドメディアの立ち上げから、SEO対策と呼ばれる「検索エンジン最適化」の方法まで。インターンとしての活動は大半がオンライン、リモートワークで行われました。今年は新型コロナウイルスの影響で、対面で仕事ができない状況が続きましたが、ライターやメディアの管理はリモートワークでも特に問題なくできます。

その他には、雑学系メディアで歴史の連載を担当したり、現在も書いている「街角キャリアラボ」で書く力を磨かせていただきました。

腕試し!ブログ開設まで

今までライターとして得てきた経験を活かして、今度は一人でメディアを立ち上げよう!と思い立ち、大学3年の夏にブログを立ち上げました。今まで使い慣れているワードプレスというソフトウェアを使って、ドメイン取得からサイトのデザインの構成まですべて一人で完成させました。といっても、そんなに大変なことではなく、すべてネットで検索すれば情報はでてきます。

あとは、問題が発生してもめげずに立ち向かえるかどうか、といった精神的な面が試される時間。急にサイトの内部で問題が発生したときはかなり焦ります。焦って間違えた操作をしてしまった場合は、すべてが水の泡になってしまうため、慎重に進めなければなりません。日々葛藤していました。でも、自分で立ち上げたメディアだからこそ、愛着が持てて、完成度が目に見えてわかるのでやりがいが大きいです。
半年ほどで月1万PVのメディアに成長し、現在も毎日記事を更新しています。

現在、新型コロナウイルスの影響でバイトや他の活動が思うようにできない方も多いかと思います。しかし、この機会だからこそ、ライターなど得意なことを活かして稼ぐ方法を模索してみてはいかがでしょうか?私はずっと勤めていたバイト先を退職し、ライターだけで生きていくつもりです!今回の私の経験が誰かのお役に立てると嬉しいです。