fbpx
無料メルマガ会員登録はこちら!

【私服面接】就活やインターンシップで好印象を与えるオフィスカジュアルとは?就活の基本的な服装選び

就職活動の説明会や面接、インターンシップにおいて、企業から「服装自由」や「私服でお越しください」と案内されることがあります。

学生からすると「そんなこと言って本当はスーツの方がいいのでは・・・?」と訝しんでしまいがちですが、企業は別にそんな所で駆け引きを仕掛けてきてるわけではありません。本当にリクルートスーツじゃなくて良いのです。

ただ、本当にいつもの「私服」でいいかというとそんなこともありません。

街角キャリアラボでは「私服で就活」するときはオフィスカジュアルの服装をおすすめします。

しかし、オフィスカジュアルとして実際どのような服を着ていけばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

・オフィスカジュアル・ビジネスカジュアルの定義、企業の目的

・オフィスカジュアルにふさわしい服装やアイテム

・オフィスカジュアルとして不適切な格好

について紹介していきます。

服装に迷っている方の悩みを解消できる内容になっていると思います。ぜひご一読ください。

オフィスカジュアル、ビジネスカジュアルとは

オフィスカジュアルの定義

オフィスカジュアル(ビジネスカジュアルと同義)とは、スーツスタイルほど堅くない服装で、ビジネスの場においても失礼にならない程度に着崩した服装のことです。あくまで仕事着のため、スーツスタイルにある清潔感やフォーマルさはある程度残しつつ、適度なカジュアルさが求められます。

しかし、企業によってオフィスカジュアルに対する認識は異なるため、これを着ていけば大丈夫といった正解があるわけではありません。

自身が着用したい服装ではなく、あくまで企業のルールやTPOに合わせたファッションスタイルが推奨されます。

オフィスリラックス

オフィスカジュアルの目的

オフィスカジュアルを就活生に勧める目的は企業によって異なりますが、代表的なものは以下になります。

・面接者にリラックスしてもらい、緊張をほぐしてもらう

・TPOへの配慮ができるか確認する

・面接者の服装から、個性を見る(アパレル企業やデザイナー業界の場合、ファッションセンスも含めて確認する)

緊張が生まれやすい面接の場において、普段着ていないスーツによって、ますます緊張してしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

企業としても、普段通りのリラックスした状態で面接に臨んでほしいという思惑があるため、あえてオフィスカジュアルを推奨している場合があります。

また、服装には個性が現れやすいものです。

アパレル企業やデザイナー業界の場合、ファッションセンスを含めてその人の個性を見たいという狙いがあります。

TPOへの配慮がない格好や汚れてしまっている服を着ていると、常識がなくだらしないという悪印象を与えてしまうでしょう。

企業がオフィスカジュアルを採用する理由を知ることによって、より適切な格好を選択することができます。

オフィスカジュアルとして適切な服装

志望企業の雰囲気やTPOに合った服装であれば、オフィスカジュアルとして適切であるといえます。

企業のHPを確認し、社員がどういった格好で仕事をしているのか調べているのも良いでしょう。実際にその場で働いていても違和感のない格好が、オフィスカジュアルの正解といえます。

また、オフィスカジュアルとして、以下のファッションアイテムが代表的なものになります。

メンズにおすすめのオフィスカジュアル

襟付きのシャツ

ジャケット

パンツ(チノパンでも可)

スラックス

革靴

黒のバッグ

レディースにおすすめのオフィスカジュアル

ジャケット

カーディガン

ブラウス

スカート

パンツ(チノパンでも可)

パンプス

落ち着いた色(白、黒、薄い青、薄いピンクなど)かつ、無地で地味なデザインのアイテムが良いです。アイテムの組み合わせによって、よりフォーマル寄りになることがあれば、カジュアル感が生まれることもあります。

オフィスカジュアルのイメージが難しいという方は、スーツ専門店に行き、どのようなスタイルがあるのか実際に確認してみるのも良いでしょう。

服のサイズにも注意を払ってください。着丈が長すぎるものや、あまりに服が小さすぎるものは、しっかり感が大幅に失われて企業側に悪印象を与えてしまいます。

清潔感や落ち着いてる感が相手に伝わるファッションを意識してみてください。

オフィスの様子

オフィスカジュアルにNGなファッションアイテム

以下のアイテムはカジュアル感が強すぎるため、避けたほうが無難でしょう。不適切なアイテムを選ばないだけで、自然とフォーマルに近づけることができます。

メンズでNGなオフィスカジュアルアイテム

・デニム

・ショートパンツ

・パーカー、トレーナー

・帽子

・スニーカー、サンダル

・派手なアクセサリー

レディースでNGなオフィスカジュアルアイテム

・デニム

・ノースリーブ、ミニスカート

・パーカー、トレーナー

・帽子

・スニーカー、サンダル

・派手なアクセサリー

・派手なメイク

カジュアルなアイテムやスタイルに加えて、派手な色や明るすぎる色のものも不適切です。

また、よれよれの服や汚れてしまっている革靴なども言語道断です。

「服装自由」と指定されたとしても、あくまでビジネスの場であるということを忘れてはいけません。

その企業で働いていても違和感のない、清潔感のある服装を意識しましょう。

カジュアルな服

まとめ

企業から「服装自由」や「私服可」と求められた場合、スーツもしくはオフィスカジュアルの服装を着ていきましょう。

オフィスカジュアルは、企業の社風やTPOに合った、清潔感があり落ち着いた印象を与える格好が望ましいです。派手で目立つ格好は不快な印象を与えてしまいます。

一般常識にのっとった服装であれば、面接やインターンシップにおいて問題になることはほとんどありません。

落ち着いた色や適切なサイズ、生地のアイテムを選択し身だしなみを整えることで、服装に迷いがちなオフィスカジュアルに対応することができます。

とりあえず一着は持っておくと色々なシーンで役立つでしょう。この機会に揃えてみてはいかがでしょうか?