【大学1,2年生】キャリアゼミ2期生募集

【やりたいことより、できることを増やそう】

大学1,2年生が自分の言語化をしながら、ビジネスの基礎スキルを学ぶ「キャリアゼミ」2期生をスタートいたします。

2期生は2月から3月までの活動で、他者視点も取り入れた自分の言語化と、ビジネス理解、マーケティング、コミュニケーションスキル、プレゼン基礎を学び、自分自身の「できること」を探ります。

自分の言語化とビジネススキル。この二つを大学1,2年生の間に獲得しておくことは、今後の大学生活や就活、キャリアに大きく役に立つでしょう。

完全オンライン開催。この機会に、新しい自分を創っていきませんか?

講座概要

  • 活動期間:2023年2月20日(月)〜3月27日(月)
  • 対象 :大学1,2年生(2023年2月時点)12人
  • 会場 :オンライン 
  • 参加費用:3,000円(追加課金要素なし)
  • 内容:全6回のオンラインライブ講座+実践型プログラム
  • 応募方法:応募フォームから指定内容をご記入ください。

こんな人におすすめ!

・大学1,2年生のうちに自分の強みを見つけたい人

・他大学の学生と繋がりが欲しい人

・ビジネススキルを学んでみたい人

心配しないで欲しいこと

・「意識高すぎない」が街角キャリアラボのコンセプトです。

・現時点で優秀であったり何かのスキルを持っている必要は全くありません。

・困ったことがあったらいつでも相談できる環境をご用意します

注意事項

・実践的なグループワークが必須で入ってきます。他の人と話すことが極端に苦手な人は向いていません。

・カメラオンや通話ができない方は他の方の活動に支障をきたしてしまいます。環境整備ができない方はご遠慮ください。

・決済完了後のキャンセルは承れません。

・キックオフと修了式は参加必須です。現時点で参加できないことが確定している場合はお申し込みをご遠慮ください。

・キックオフと修了式以外は任意参加ですが、可能な限り参加いただくことをお勧めします。*資料は全てpdfでご共有いたします。

応募する

更新情報やワークシートは公式LINEから!

プログラムの流れ *全てZoomを利用

開催日付内容
2月20日キックオフミーティングと実施プログラム説明
2月27日ビジネス基礎理解
3月6日マーケティング基礎
3月13日ロジカルシンキング基礎
3月20日プレゼンテーション基礎
3月27日修了発表
開催時間はいづれも月曜日、19:30-21:30です
自分言語化プログラム(全員参加)

街角キャリアラボが開催する就活生向けコミュニティプログラム「就活ラボ」で実施している自己分析プログラムをキャリアゼミ生にもご提供いたします。

オリジナルワークシートに沿ってこれまでの自分の人生を振り返り、自分の価値観の言語化に挑戦していただきます。また他者視点を取り入れることにより、自分自身でも意識していなかった潜在的な自分の願望や価値観を顕在化させていきます。

【講師】羽田 啓一郎

2003年に立命館大学卒業後、株式会社毎日コミュニケーションズ(現マイナビ)に就職。エアラインやマスコミ、メーカー、ITなど大手企業の新卒採用コンサルに従事。その後、社内新規事業立ち上げや大学講師、政府の有識者会議などを経験し2020年3月に独立。街角キャリアラボを立ち上げ。

現在は10の大学で就活やキャリア支援プログラムを担当したり、複数企業のアドバイザーを担当している。

■これまでの指導学生の内定実績(一部)

【金融】日本銀行/三菱UFJ銀行/三井住友銀行/みずほ銀行/住友生命/アフラック/三井住友カード

【メーカー】味の素/ソニー/キヤノン/パナソニック/ヒューレッドパッカード/三菱電機/キーエンス/東芝/住友化学/富士通/AGC/テルモ/スズキ/旭化成/東レ

【通信・IT・コンサル】NTTドコモ/KDDI/ソフトバンク/野村総合研究所/楽天/日本オラクル/日本IBM/PwCコンサルティング

【サービス】日本航空/全日本空輸/JTB

【人材】スタッフサービス/パーソルスタッフ

【マスコミ】NHK/読売新聞/毎日新聞/共同通信/電通/博報堂/リクルート

羽田と申します。私はこの「就活&キャリア」業界にもう20年近くいますが、20年経っても変わらないことがあります。それは「やりたいこと見つからず苦しむ学生がいなくならない」ということです。仕事柄、学生と近い距離でじっくり話を聞く機会も多いのですが、なぜやりたいことは見つからないのだろうか」とずっと考えてきました。

そもそも「やりたいこと」は見つけるものなのでしょうか?個人的な感覚は違います。やりたいことは見つけるものではなく「生まれてくるもの」だと思います。

ロールプレイングゲームでも、戦闘を繰り返しているとスキルが増え、Lv1の時は行けなかったダンジョンなどに行けるようになりますよね。それと一緒で、学生が「やりたいことが見つからない」のは「できることが少ない」からです。

キャリアゼミでは「やりたいことよりできることを増やす」をテーマに、就活が始まる前の大学1,2年生に特化したプログラムを展開します。

3,000円かかりますが別にこれで儲けようとは一ミリも思っていません(そもそも儲かりません)。しっかり取り組んでもらうために、身銭を切って欲しいという思いから有料にしています。3,000円かけて自分を成長させ、もっともっと大きな価値を掴み取って欲しいと思っています。自己投資だと思ってぜひ参加してください。お待ちしています。

立ち上げた思い(note)

参加特典

①街角キャリアラボの有料プログラム参加者限定のメンバーシップSlackにご招待。講座終了後もつながったりメンバーシップ限定講座などに参加できる!

②就活生になった時に、街角キャリアラボが実施する有料プログラム「就活ラボ」に半額で参加できる(任意参加)

キャリアゼミデータ
自分の現在地と未来のきっかけがわかる
 (5)
ビジネススキルが学べる
 (5)
聞いてるだけで良い
 (0)

応募する

1期生参加者の声(一部抜粋)

大阪公立大学
1年生
大阪公立大学 1年生

何か新たな発見を得たいと思い参加しました。参加して、思っていた以上に新たに様々なことに気づくことができました。また、この先何を大事にして生きていくかを考え、来年新たな挑戦をするきっかけにもなりました。また、グループワークや他のメンバーのプレゼンを聞いて、良い刺激をもらいました。自分を言語化すること、他者にそれを深掘りしてもらう大事さからビジネススキルまで、ただ大学生活を送るだけでは学べないような多くの大事なことを学ぶことができレベルアップできました。オンラインのため全国各地の人と関わることができ、面白さ楽しさもありました。得たものが非常に多く、勇気を出して参加して本当によかったなぁと思います。貴重な経験をありがとうございました!

北海道大学
2年生
北海道大学 2年生

大学2年生の秋、これから挑むことになる就職活動に漠然とした不安を抱えながらも身動き出来ない状況でした。 そんななか、キャリアゼミに参加したことで、自分のキャリアについて考えるきっかけとなりました。自分が何を求めていて、何が得意なのか、キャリアアンカーストーリーを行うことで自分を見つめ直すことが出来ました。 また、マーケティングや、プレゼンテーションの講座などを受けたことにより、自分が思っていたよりも社会について知らないということを痛感させられました。 自分の将来像やこれから何をしたら良いかということについて考えることが出来たため、キャリアゼミに参加してよかったです。

中部大学
1年生
中部大学 1年生

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか こんな絵画が昔創られたことをご存じだろうか。 この絵を描いた画家、ゴーギャンは当時知人に送った手紙にこの作を集大成とし人生を終える旨を書いたという。 我々がどこから来ているのか、何者か、どこへ向かうのか。その問いに答えはない。しかし考え続ければならない。人生の集大成と言われるときにでも、だ。 このゼミではその考えるための地図の断片図を与えてくれる。小さな欠片である。 その小さな欠片が、未来を得る葦となる。 今の社会に不安を抱えている・社会とは何か・周りの人はどう生きているのか・そして自分とは何か。 人の世に悩みは尽きない。だからこそ、少しだけこのゼミで考えてみてほしい。考えることが、自分と社会の邂逅の1歩目になるはずだから。

更新情報やワークシートは公式LINEから!