fbpx
無料メルマガ会員登録はこちら!

大学生の”セルフブランディング”のススメ

みなさん、”セルフブランディング”は知っていますか?セルフブランディングはブランディングの一種で、「個人」が自分自身を差別化し、自分の価値をつくる活動です。

大学生だからこそ、パーソナルブランディングの魅力を知って活用して欲しいなと思い、私の経験談も含めて綴ることにしました。

ブランディングについて

セルフブランディングについて説明する前に、ブランディングについてあまり詳しくない方もいると思うので簡単に説明します。

「ブランディング」は、顧客にブランドに対する正しいイメージを広く浸透させるためのマーケティング戦略です。ブランドのロゴ、キャッチフレーズ、デザインなど様々な要素がブランドを形作っています。それらを顧客(消費者)に認知させ、「○○といえば△△の商品」というように、ブランドのイメージを浸透させているのです。

ブランディングに馴染みが無い方も身近な場所にブランディングの手法が潜んでいるはずです。

私は大学2年の秋から、ブランディングに関する企業で長期インターンとして関わらせていただいている関係で、ブランディングを勉強してきました。それ以前はブランディングのことは全く知らなかったのですが、企業だけでなく個人においてもこれからの新しい働き方の中ではブランディングが活かせるのではないかと思っています。

セルフブランディングとは?

「セルフブランディング」は、セルフ(自己)をブランディングすることです。「自分」を社会の中でどのように差別化し、価値をつくっていくか。パーソナルブランディングの方法としてはSNSや出版など様々な方法があります。

これからは「個」の時代と言われるように、企業に属していれば安泰ということはなく、セルフブランディングによって、企業の肩書がなくても個人で活動していける力を身に着けることが重要になってきます。

出版をするというのはハードルが高くても、SNSは私たちにとっても身近な存在なのではないでしょうか。TwitterやInstagram、YouTubeなどを通して自分の世界観を広げている方を見たことはありませんか?パーソナルブランディングは既に多くの方が実践しています。

大学生のセルフブランディング

ここで、大学生のセルフブランディングについて考えてみましょう。

大学生にとっては、セルフブランディングやブランディングといった言葉は聞き馴染みが無い言葉だと思います。「社会人が使う考え方で自分とは関係が無い」と思っている方もいるかもしれません。

しかし、大学生であっても所属している大学や団体に依存している人と、個人の名前浸透している人では、どちらが魅力的でしょうか?学歴マウントの話にも繋がりますが、未だに大学名でマウントを取っている人を見ると残念な気持ちになります。

また、就職活動においても、多くの大学生の中から自分の存在をアピールする必要のある場面があるかもしれません。その時に、所属している大学や団体に依存していたのであれば他の大学生と差別化を図ることは難しいのではないかと思います。人よりも一歩リードしたい、自分の個性を活かしたい!と考えている方はセルフブランディングを活用する効果があると思います。

Twitter、note…私のセルフブランディング

実際に私が経験してきたセルフブランディングについてお話しようと思います。

私のセルフブランディングは主にTwitter、そしてnoteを通して行っています。誰かにセルフブランディングを勧められたわけではなく、気づいたら自分で始めていました。

新型コロナウイルスが流行する前、大学2年生の時に「AIが台頭してきても必要とされる人材になりたい!」と思い、個人のTwitterを開設しました。それまではTwitterは鍵垢しか持っておらず、人前で発信はしたことが無い、超初心者でした。

目立ったものがあるわけではない普通の大学生だった私は、ブランディングを通して自分を唯一無二のブランドにしようと考え、セルフブランディングを始めたのです。自分の特技や個性を「どう見せるか」。

まずインパクトがあるキャッチコピーを自分につけようと思って、「白湯・石碑・龍角散が好きな女子大生」というプロフィールをつくりました。キャッチコピーは誰でもわかりやすい物がいいと思います。大学2年の秋に決めたキャッチコピーは現在もまだ使っています。何から始めたらわからないという方は、まず自分を端的に表すキャッチコピーをつくってみてはどうでしょうか?

SNSのツールはTwitterだけでなく、Instagram、YouTube、TikTok、noteなど何でも良いと思います。私は手軽に続けられる文章で勝負したかったので、Twitterとサブにnoteを使っています。YouTubeは動画撮影から編集がとてつもなく大変だったので辞めました笑

セルフブランディングといってもそんなに堅苦しいことではなく、自分の個性を表現して自分をブランド化させることです。そうすることで、私は普通の大学生だったらできなかった貴重な体験をたくさんすることができました。今も夢に向かって日々セルフブランディングに励んでいます。

時間的にも余裕のある大学生の時間で、自分の個性を表現してみてはいかがでしょうか?