更新情報無料配信のLINE@はこちら!個別相談申し込みもLINEから!

40代になった僕が20代に伝えておきたい事

新元号がどうこういう前に、僕個人としては今年何と40代になってしまいました。

40代ですよ、想像できますか。もしくは想像しましたか、40代の自分を。

40代といえばまあもう完全なおっさん。30代だったらまだ「働き盛りだけどちょっと疲れもでてきた青年」って感じだけど、40代はもうだめです。

初対面の人とかに自分の年齢を言って「全然40歳に見えない〜」と半分お世辞っぽく言われて「えへへありがとうございますえへへへへへh」とか嬉しがってるのもみっともないくらい、40代といえばまごうことなきおっさんなんです。

このコラムで分かる事
20代、30代のキャリアの歩み方

年代が変わる、その時僕は。

10代から20代になった瞬間のことをよく覚えています。

浪人していた僕は当時大学1年生で、「大学入ったらまず彼女作りたい」と血気盛んに意気込んでいた一人暮らし大学生でした。新歓時期に様々な出会いを通じて「誰か良い子はいないか!!」と目をギラギラさせていた毎日。僕にとっては童貞のまま二十歳を迎えたくなかったのです。僕、誕生日5月なので時間的余裕はあまりない、と。

経験がないまま20歳を迎えることを”ヤラハタ”と呼ぶそうで、僕は同じくヤラハタを迎えそうな同士達と切磋琢磨しながら出会いを求めていました。

ただ、残念ながらその時は来てしまいました。20代になった瞬間、僕は同じくヤラハタを達成しそうな友人と道路で大の字になりました。「うおー!」とか「やりてー!」とか二人で叫んでいました。京都の路上で大の字になって寝そべりながら、僕は20代を迎えたわけです。まあ、どこにでもある青春の一幕だと思います。

ただ20代から30代になった時のことは実は全く覚えていません。その頃の僕は働き盛りでゴリゴリの営業マンでした。何においても優先するべきなのは仕事であり、クライアントであり、提案であり、納期でした。だから、たかだか年齢の区切りなんかで右往左往するのはアホのすることだ、くらいに思っていたと思います。まじで本当に記憶がないんです。

さて、そして僕は40代になりました。振り返ると、僕の30代はなかなかに激動でした。その時間の多くを、混沌とカオスと無秩序の中で過ごしました。新規事業サービス立ち上げを僕いれて二人で行いました。予算も人もノウハウもなかったけど、とりあえず「立ち上げた」という感じでした。2013年の事だから、僕が34歳の頃ですね。

いろんな外的環境が目まぐるしく動いていく中で、僕が立ち上げたサービスは姿かたちを変えながら少しずつ大きくなり、決して一般的に有名とまではいかないまでもその界隈ではそこそこ有名なサービスになりました。

僕は、とにかく仕事だけに没頭していました。ここでいう”仕事”というのは自分の立ち上げたサービスのコンテンツを考え、形にすること。正直、周囲で働く人達や、そして自分のことを気にかけて仕事していたかというとそうではありません。その結果、何人かが離れていきました。

そしてそんな30代を最後に迎え、僕は自分の歩んできた道を少し後悔している事に気づきました。もっと周囲や自分のことを考えるべきだったと思っています。勿論まだ遅いわけではないのでしょう。これからだって僕は生きていくのだし、これから頑張っていくことだってできます。

ただ同時に、僕は40年間という時間を使ってどこにも行けていない、という事実もあります。少なくとも、僕は僕のキャリアに満足していない。そのことは踏まえないと、この先の時間に立ち向かうことはできないのではないかと思うのです。

前置きが長くなりましたが、30代最後を迎えるにあたって、20代の皆さんに伝えておきたいことをいくつか書き記しておきます。これは、まさに自分自身への戒めでもあるのです。

20代の貯金でしか30代は歩めない

まずはこれ。

僕は自分の20代は悪くなかったと思っています。上記のように”ヤラハタ”を達成した直後に前から知っていた女の子と付き合うことになり、無事にファーストキスと童貞卒業を果たしました。いろんな女の子と出会って別れました。

就職については特に大きなドラマや苦悩があったわけでもないけど、社会人になって最初の2年間は辛かったものの3年目からこれまでの人生を逆転するかの勢いで仕事に没頭し、結果を残してきました。基本的にはシニカルな性格で、人生を斜に構えて生きてきた僕がこんなにも仕事に没頭することができたのは、本当に幸運だったと言わざるをえません。

今でこそコンプライアンス的に許されないけど、毎日夜中まで働いてタクシーで帰宅し、3時間くらい寝てシャワー浴びて出社する、という生活が本当に毎日続いていました。体は辛かったけど、仕事が面白かったしやる気にみなぎっていました。

僕は予め用意された商品を売るというよりはお客さんのニーズに合わせて企画を立て、企画に合致するものがなかったらどっかから調達してきたり自分で作る、みたいなことをしていました。多分、そんなスタイルを当時の上司が見てくれていて、ある日新規サービスの立ち上げ事業部への異動を命じられたのです。

まあ、チャンスを与えていただいたんだと思います。当時はあんまり自覚してなかったけど、チャンスでした。これが、32歳の時。

ただ、そこからがカオスでした。それなりの規模の会社(=社内ルールがガチガチに決まっている)での新規サービス立ち上げはなかなかしんどかったのです。

予算も人もなかったから、自分で作り上げていくしかない。この時に、僕の営業時代に培った「企画を実現する力」みたいな経験が活かされました。20代の頃にできた人脈は大きなものではなかったけど、それでも昔のお客さんとかで協力してくれる人は数人だけどいて、とてもありがたいなと思いました。そうした人たちとはいまだに交流が続いています。

狂ったように働いた20代。当時、自分のキャリアやスキルを自覚していたわけじゃなかったけど、確実に20代の経験は僕の血肉となっていました。そしてそれが、30代を走り切る力となったのは間違いありません。

自分のキャリアに自覚的になるべきなのは30代だ

そうして30代は自分でサービスを立ち上げるということにとにかく腐心しました。大きな成果を上げることができたかと言われるとそうではないと思います。まあ、60点くらいじゃないですかね。ただここから点数を上げていくこともできる60点なのは間違いないです。きっとこのままじわじわ点数を上げていくこともできるでしょう。

ただ、ふと思うのです。世の中に出ている著名人や成功者と言われている人たちがどんなもんなのか、と。確実に僕より成功している。そして彼らの多くは30代で何らかの成果を挙げているのです。勿論、20代で頭角を表している人も。

そう考えると、自分の30代の出来に疑問符をつけたくなるのです。いや、別にそうした識者達と肩を並べたいわけじゃない。ただそういう人たちを見ていると自分のしてきた事が相対的にしょぼく見えてしまうのです。

正直、会社の言われるがままに日々労働し、仕事終わりの飲み会で愚痴と悪口言って溜飲を下げてる30代に比べればましな毎日を送ってきたとは思いますよ。そんな人達と一緒にされちゃ困る。

でも、やっぱ自分の立ち位置がどうなんだと考えちゃうわけですよ。なまじっか新規サービス立ち上げなんてやっちゃったから目線が上がっちゃったのです。危機意識のないおっさんサラリーマンとたわむれるわけにはいかないし、かといって世の中の成功者のみなさんと同じ輪の中に入れるわけでもない。

一体僕は、今どこにいて、これからどこに向かえばいいんだろうか。それが今、わからない。そんな状態で30代を終えてしまったのです。

自分のしてきたこと自体は間違ってなかったとは思う(やり方含め反省点は色々あるにしても)。ただ、自分のキャリアの棚卸しは30代のうちにしておくべきだったと感じています。20代の時と全く同じノリで、目の前の仕事に突っ走りすぎてしまった。それに結果が伴っていればよかったのだけど、残念ながらそうではなかったので、今困惑しているのだと思います。

困惑している理由の一つに、「自分が何の専門家かわからない」というのもあります。

予算も人もいない新規サービス立ち上げというのは、マネジメントよりはプレイヤーとなる必要がありました。

僕は本当にあらゆることをやった。人をつかうというよりは自分でやった。見よう見まねでやった。

自分のスキルや知見を広げることができたという意味では良かったんです。ただ同時に、それは僕が何のスペシャリティも持っていないということと同義です。「これが自分の専門分野です」と堂々と言えるスキルが何もない。そしてこれが、40代を描いていく上で致命的なんじゃないかと思っています。「何でも気合入れてやります」って、40代にしちゃださすぎるのです。いや、そのつもりでいるのはいいことだと思うんだけど、軸に据えているスキルセットは何なんだ、と。どの分野なら即戦力として活躍してくれるんだ、と。

だから僕は、40歳にして初めて転職をします。これまでの自分のコンフォータブルゾーンを意識的に抜けて、もっと自分という存在を高めることができる場所に行こうと思ったのです。

ここまで読んでくれた方に伝えたいこと

というわけでまとめ的な話になりますが、まず第一は「20代は死ぬ気で働け」、と。自分の実力がどうこうなんて気にしなくていいから、「結果を出す」事にこだわったほうがいいと思う。その結果を出す過程で、何らかのスキルや成長は勝手に身についてくんじゃないかと。その結果が何なのかは従事している業界やポジションによるかもしれないけど、損得計算じゃなくってとにかく目の前の仕事に結果を出すことにこだわってほしいです。

そして第二に、20代で貯めた貯金で「自分の価値を上げる」事を意識する、ということ。20代の時に仕事に向き合ったとして、30代も同じノリでいかないでほしい(僕はそれをしてしまった)。仕事への向き合い方はそのまんまでもいいんだけど、プラスして自分の市場価値を意識してほしい。ポイントは、社内での価値やポジションじゃなくて、市場での価値。会社の中だけの存在でしかないと、結局会社にぶら下がらないと生きていけないことになる。言うまでもなく、それはこの先の時代の中でとてもリスキーです。

勿論、僕もまだ諦めていません。だいぶ焦ってはいますが、改めて自分のキャリアをちゃんと作っていこうと思っています。だからこその転職だし、そしてこの街角キャリアラボを作ったのです。

40代でおっさんだけど、僕も頑張ります。どうか皆さんも、頑張ろうぜ。

あと、完全に蛇足だけど、20代30代の暴飲暴食は着実に体に溜まっていって、40歳になると節制してもなかなか落ちてくれない頑固な脂肪となってお腹にまとわりつく。これも、意識してもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です