大学生になってからアルバイトで学んだこと。ライターとして働くようになるまで

みなさん、アルバイトはしてますか?私は現在、ライターとしての仕事だけで生活をしています。「凄いね!」と言われることも多いのですが、ライターを始めたのは意外と最近で、それ以前は色々なバイトをしていました。今回は、ライターとして働くまでの私の働き方について話そうと思います。これからバイトを始める方の参考になると嬉しいです。

大学生になって最初に始めたのは…

高校を卒業してまず最初に始めたのは、コンビニエンスストアでのアルバイトでした。しかし、ただのアルバイトではなく、コンビニの派遣。コンビニで派遣ってあるの?って思う方も多いと思います。それくらいマイナーな働き方。私の高校ではバイト禁止だったので、初バイトがコンビニ派遣という選択は、かなり挑戦的なものでした。

なぜなら、毎回店舗が違うため、コミュニケーション力が試されるんです。初対面の人と打ち解ける力、今まではあまり得意ではなかったのですが、敢えて厳しい環境に置くことで自然と鍛えることができました。もちろん、店舗によってあまり愛想が良くない店員さんがいたりして、心が折れそうになったことも…それでも、毎回違うので逆に割り切って働くことができたのはメリットかもしれません。また、臨機応変に対応する力も身に着きました。
今はレジが自動化されていることも多いため、仕事量が少し減っていますが、コンビニの店員の仕事は意外と覚えるのが大変なんです。
でも、最初に自分の力よりもハードルの高い仕事に挑戦したことで、大学生活の良いスタートが切れた気がします。

今はコンビニの派遣という仕事があるのかわからないですが、もし興味がある方がいたら挑戦してみてください。

学習塾のアルバイトを2年間

大学生になってからメインで働いていたのが、学習塾。小学生から中学生まで、様々な学年の子供がいて、とても賑やかでした。仕事は、事務や小学生の指導。社会人としてのマナーは事務の仕事を通して学びました。事務の講習の中で「秘書検定」を薦められたので、実際に「秘書検定2級」を受験。「秘書検定」は秘書にならない方でも、社会人としてのマナーをしっかりと学べるのでおススメです。男性が学んでも全然良いと思います。

電話の対応が苦手な学生が多いですが、アルバイトの中で経験を積むことができたのは自信につながりました。

塾講師

倉庫の派遣での経験

メインのバイト以外に、長期休みには派遣の仕事も並行して行っていました。派遣の仕事を検索すると、倉庫のピッキングの仕事をよく見かけます。「簡単そう」と思ったので、とりあえず始めてみましたが、単純作業だからこその大変さを感じました。朝から晩まで、同じ作業をひたすら繰り返す。単純な作業は好きですが、モチベーションを長く続けるのは難しく…それでも一生懸命頑張っていたので、他の人と違う仕事を任されるなど、単調な仕事の中でも価値を見出すことで仕事が楽しる術を身に付けました
また、今の私たちはコロナ禍でよりオンラインショッピングを活用するようになりましたが、その背景には、倉庫で地道に働く人々がいることを忘れてはなりません。実際に働いたからこそ、便利さの裏に大変な仕事があることを学びました。

バレンタインのイベントスタッフ

また、バレンタインの時期には百貨店などで開催されている、バレンタインイベントの派遣スタッフとしても働きました。今まで、コンビニ以外の接客業を経験したことが無かったので、バレンタインのチョコレートを販売する仕事は「自分にできるのか」と心配でしたが、時給が少し高めだったので2週間弱働きました。

もちろん失敗することもありましたが、ベテランのスタッフの方々が優しく教えてくださり、苦手だと思っていた接客も克服。何より、相手の幸せな時間を一緒に共有することができるのが楽しかったです。
色々な仕事をしていると、自分がどんな仕事のときに楽しいと思えるのか、どのような人のために働きたいと思えるのか、自分の性格がわかってきます。これは就職活動の時、自己分析でもとても役に立ちました。

バレンタイン

長期インターンからライターへ

現在は、長期インターンシップとライターで働いています。元々、書くことは好きでしたがライターとして働けるとは思っていませんでした。
でも、今はライターとして働くことは割と簡単です。ただ、以前よりも文字単価が低くなっているため、ライターを本業として稼ぐというのは難しくなっているかもしれません。その中で、「自分にしかできないこと」、つまり付加価値を磨いていくことが大切だと思います。
社会人になっても同じですが、市場価値を高めていく人は、どこの会社に行っても必要とされるはずです。コロナによってさらに先行き不透明になった時代、自分の市場価値を大学生のうちから、高める活動をしてみてはいかがでしょうか?