更新情報無料配信のLINE@はこちら!個別相談申し込みもLINEから!

【副業】サラリーマンが在宅で出来る、初心者オススメの副業とは?

https://machikado-career.com/wp-content/uploads/2019/12/リーマンアイコン.png
リーマン

今、副業って流行ってるよね。政府も推奨しているし。でも何から始めればいいんだろう・・・?サラリーマンができる副業って何?

こんな風に思っているサラリーマンの方も多いのではないでしょうか。街角キャリアラボでは、転職や起業をする前にまずは副業をしてみる事を強くお勧めしています。その理由はこちらでご確認ください。

【副業】サラリーマンが副業をした方がいい理由とメリット

この記事では、普段は会社勤めをしているサラリーマンが在宅で出来て、誰でも始められる副業についてご紹介しています。是非ご覧ください。

不動産投資

不動産投資とは、物件を購入し、その物件を貸したお金で儲けたり、あるいは売却して売却益を狙う事です。単純に言えば、家主になる、と言う事ですね。

企業の株式を売買するのはなんだか専門的な知識が必要ですが、土地の場合は具体的にイメージしやすいですよね。もちろんそんなに単純なものではないのですが。

「物件」と言っても、手軽なところではマンションの一室などを買うところから始められます。と言ってもマンション一室だって数千万円はするわけで、それを現金で一括で変える人もそうそういないでしょう。不動産投資で買う場合もローンを組みます。

例えば2,500万円でマンションの部屋を買い、月々返済していく一方でその部屋を誰かに貸す。ローンの支払いと家賃収入のバランスを見ていくわけです。

また不動産投資を始めると自分で「事業」を始める事にもなるため、節税効果もあります。色んなものを事業を運営する上での経費扱いにしてしまうと、「所得」が下がって所得税が減る、と言う仕組みです。例えば家族旅行を「新たな不動産投資のための現地視察」と言う名目で経費扱いにした、と言う話も聞きます。飲み会の費用を接待費にする、なんて事業主にとっては日常行為でしょうね。

こうした節税効果を得るためには個人事業主の開業届と青色申告と呼ばれる書類を税務署に出したりする必要もあり、手間はかかります。

この不動産投資を行う上で最大のリスクになるのは「借り手が見つからない」という事でしょう。どのような物件を買うか、というのは大きなポイントになってきます。

ただ昨今は投資用不動産仲介を専業として行う会社もあります。目利きは彼らに任せ、合意した物件の購入資金の手筈だけ整えればあとは彼らが運用してくれる、手離れの良いビジネスと言えるでしょう。

まずは投資用不動産会社に問い合わせてみるのがいいかもしれません。

コンテンツ配信

続いてはこちら。「コンテンツ配信」です。つまり、何らかのコンテンツをビジネスに変える、というものですね。これには幾つか方法があります。一つ一つが長いので、ここではまとめ記事的にご覧いただければと思います。この街角キャリアラボでも、やりすぎないように少しだけやっています。

アフィリエイト&アドセンス

アフィリエイトもアドセンスもメジャーな副業手法です。主にブログを開設して、ブログ内の広告でマネタイズしていく方法です。アフィリエイトというのは色んな商材のリンクをブログ記事に貼り付けて、そこからユーザーが購買に至ると紹介料が入ってくる、という仕組み。

アドセンスというのはGoogleが提供している広告配信プラットフォーム。これもブログ内にアドセンスの配信スペースを貼り付けます。アフィリエイトと違うのは、配信スペースに表示される広告が固定化されていない、という事。その記事に関連性のある広告や、ユーザのネット閲覧履歴を元に関心度が高そうな広告が自動的に配信される、という仕組みです。

アフィリエイトもアドセンスもブログを開設して稼ぐ、という手法なわけですが、ただ単にブログを書いていればいいというわけではありません。それなりに根気とスキルが必要です。まあでも、参入障壁はかなり低い方法なので気軽に始めてみるのもいいかもしれません。

note

最近よく見かけるnote。note記事をみると良さげなことが書かれてそうなマジック、ありますよね(笑)。副業という意味でブログとnoteの何が違うかというと、noteは広告配信できないんです。noteは結構ポリシーがはっきりしているメディアなので、ユーザ体験を損なう広告は全面的にNG、と。

ただ逆に、コンテンツそのものを売ることができます。皆さんも一度は見たことあるんじゃないかと思いますが、「ここから先の続きを見るには課金してね」というやつですね。広告ではなく、読者にコンテンツそのものに価値を感じさせないと売れないので、まあハードルは高いですね。書く人自体にファンがいたり、内容によほどのオリジナリティがないと厳しいんじゃないかと思います。

Youtube

最近こちらもやたら増えてますね、Youtuber。というか過熱しすぎてぐんぐん参入障壁上がってる気もしますが。。。こちらも番組の途中で流れるCMをはじめとした広告枠で収入を得ていく、というものですが、ある程度の再生数が行かないとまともな収益にはなりません。再生数を上げていくための戦略が必要です。

ブログやnoteと違うのは、コンテンツを作る労力が高いということですね。だって番組作らないといけないわけですから。iphoneなどで録画してやることもできますが、編集を入れないとクオリティがチープになっちゃって再生数伸びません。

逆に動画編集をしっかり行う体制を整えたり、そもそも動画編集が好き、という方には向いているかもしれません。

芸能人も参入しているマーケットなので素人がどこまでできるか・・・というのはありますが、ブログやnoteに比べると素人であればあるほど作ることが難しいので、バズりそうなアイデアがある人は試してみるのもいいかもしれませんね。

せどり

ネット通販の仕組みを利用して、安く買ったものを高く売る、というビジネスです。ある意味、最も原始的な”商い”かもしれません。

まあ、転売ヤーという言葉もある通り、やりすぎると批判を食らうかもしれませんが、限定グッズなどを仕入れてメルカリなどで高く売ったりする方法が最も簡単でしょう。

批判されない方法としては、独自の目利きで海外の品物やレアだけど価値がありそうなグッズを仕入れてきて、それを仕入れ値より高く売るとかはあり得そうですね。これだけ、僕は経験がないのであまり書くことはないのですが(笑)。

でも、僕が好きな格闘技や音楽CDなどは昔のものをメルカリで出品すると高く売れることがよくあります。ブックオフなんかで売るより遥かに高く売れるので、結構助かってます・・・!

在宅ワーク案件

これはある意味真っ当な「仕事」です。クラウドワークスランサーズといった案件サイトなどから仕事をもらってくる、というやつですね。ライティングや何らかのデータ入力代行、デザインなどがメジャーです。発注単価は決して高くないので、まとまった収入を得ようとすると、それなりの量の仕事を請け負う必要があります。

インタビュー(スポットコンサル)

あなたが何らかの知見を持って言える場合は、スポットコンサルという方法もあります。これはビザスクというサイトが有名ですが、その道に精通した人にインタビューをしたい、何か相談をしたい、という企業に対し、オンラインやオフラインで色々と話をしてあげる、という方法です。案件にもよりますが、1時間で5,000円前後の収入をもらえるので、コスパは良いと言えるでしょう。

決して何かのプロフェッショナルスキルが必要というわけでもなく、ユーザインタビュー的な案件もあります。ビザスクでは様々な案件が掲載されているので、一度見てみるといいかもしれません。


いかがでしたでしょうか。最近の副業ブームに合わせて、副業に関するサービスも増えているように思います。とはいえ、あくまで大切なのは本業。副業に精を出すあまり本業が疎かになっていては元も子もないので、本業で成果を出しつつもご自身のペースにあった副業をトライしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です