更新情報無料配信のLINE@はこちら!個別相談申し込みもLINEから!

【転職】転職活動はいつから始めるのがいい?実体験を元に時期を考える

https://machikado-career.com/wp-content/uploads/2019/12/リーマンアイコン.png
リーマン

転職活動っていつから始めるのがいいんだろう?辞めたいと思ったらすぐ始めるものなの?

転職活動って運とご縁とはよく言いますね。僕も転職活動を実際にしてみて、これを非常に感じています。

また現在従事している会社との事情もありますね。担当している業務の引き継ぎ期間をどれくらい取ればいいのか、とかとか。

新卒の就活は活動時期がある程度決まっていたので精神的には楽でしたが、転職活動はそうはいきません。この記事では、転職活動をどんな時間軸で行えばいいのかを個人的な経験をもとにお伝えしていきます。

このコラムで分かる事
実体験をもとにした、転職活動のスケジュール感覚

転職活動で時期が重要な理由

そう、転職活動は本当に時期とタイミングがとても重要だなと僕は感じていました。どうしてかというと、これは企業がキャリア採用を行う理由と密接に絡んできます。応募しようかどうか悩んでいるうちに、興味があるポジションが埋まってしまう、ということだってあり得ます。

今回は僕が転職活動中に経験した二つのタイミングについてご紹介します。

欠員補充で行う中途採用の場合

わかりやすいのはこれですね。何らかのポジションで欠員が出てしまって、その穴を埋める為に企業が中途採用を行うパターンです。当然ながらその穴が埋まれば中途採用は終了します。その穴が管理職だった場合は基本的に穴は一つな訳で、その一つの枠を巡って多数の応募がある、というわけです。タイミングが重要な理由、わかりますよね?

実際に僕も応募していた枠で最後まで行ったのに、他の人が先に決まってしまってお見送りになってしまった事がありました。これはなかなかショックでしたね、もう少し早ければ・・・と思ったものです。

事業拡大、資金調達で行う中途採用の場合

続いてはこちら。スタートアップなどでよく見られるパターンです。

スタートアップの企業は基本的に組織としてのテイを成していません。社員それぞれがあらゆる業務を兼任していたり指揮系統がバラバラだったりします。お金がないから一人でいろんなことをやらざるを得ないわけですね。

ただ、そこに資金調達が入るとスタートアップ企業は人員を補充しようとします。これまで手薄になっていたところにポジションを作り、そこに最適な人を当てていく、という形です。この場合、ポジションがどれくらい増設されるかは企業によりけりですが、やはり応募するタイミングが重要だということはおわかりいただけるんじゃないかと思います。

転職活動で1社に要する期間

さて、では転職活動ってどれくらいの期間を見ておけばいいのでしょうか?新卒と違って応募者にとって公平なルートがあるわけじゃないので一概には言えないでしょう。代表の方と懇意だったりした場合一発で合格になったりすることもあるようです。また転職エージェントを使った場合も途中のプロセスをすっ飛ばして、みたいなこともあるようです。

ただ一般的には、書類審査があった後に3回程度面接がある事が多いでしょう。僕が経験したのも全部これでした。ただ全体の時間軸は様々でしたね。特に現職で働きながらの場合、面接の予定を入れるのも一苦労だったりします。結果、日程調整がうまく合わずに全体の時間が長くなる、ということもあり得ます。そして長くなると、上記のような理由で転職活動は不利になる、ということもあるのです。志望度の高い企業に対してはなるべくクイックに進めた方が良いかもしれません。

という事で、まあ大体1ヶ月程度で1社が終わると思っていればいいのではないでしょうか。

退社時期を決めてから活動するのもあり

僕の場合はこれでした。退社時期だけ先に決めて、なんとなくのマイルストーンを定めた感じです。具体的に言うと、3月末には退社して4月から新天地で働こう、としたのでした。

結論から言うと僕は転職ではなく独立を選びましたが、ただ漫然と転職活動してても決められない気がしたのです。ずるずると今の職場に居続ける事になりはしないかと・・・。僕の場合は年が年だったので、あまり残された時間は多くないと思うようになったのです。だから時間軸を決めて行動しようと。

僕の転職活動の経緯はまた別記事でまとめますので、よろしければご覧ください。

今の会社に退社の意向はいつ伝える?

さて、現在の会社に退職の意向を伝える気が重いプロセスがありますね。僕の場合、それなりに責任あるポジションについていたので引継ぎなども時間がかかる事が予想されていました。また妙な責任感が動いてしまい、職場に黙って一人でこそこそ動いているのが裏切り行為のようにも感じられてしまっていました。

なので、次が決まる前に上司に退職の意向を伝えてしまったのです。

これ、「基本的にはお勧めしません」といろんなところで聞いてはいましたが、何か筋通そうとしちゃったんですよね。で、実際にやってみて思いましたけど、まじで勧めません(笑)。すんなりと次の職場が決まればいいんでしょうけど、なかなか思うように行かない状態が続くと、退社日が迫ってくるのはなかなかシビアです。やべえ、となるわけです。

なので、皆さんはちゃんと次の会社が決まってから退職の意向を伝えましょう。めちゃくちゃ基本的な事言ってますが!あとは新しい会社の入社日を決めて、今の会社をいつ退社するか相談する、と言う流れですね。別に普通のことですけど、僕はそれをしなくて精神的に疲弊しちゃったクチなので。

転職活動と時間にまつわる話。いかがでしたでしょうか。少しでも皆さんの参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です